未分類」カテゴリーアーカイブ

ホットヨガで冷え性改善

私は歳を重ねるごとに冷え性の体質になってきてしまい、常に足の先や手の先が冷たい状態でした。

冬場は特に氷のように冷たくなっていたので、何か対策をしなくてはいけないと思っていたところ、知人に誘われたのでヨガに行ってみることにしました。

大阪のヨガ教室を紹介したサイトで見つけたスタジオに決めました。

※参考⇒ホットヨガ教室大阪※安い?初心者?正しいヨガ教室の選び方

商業ビルに入っているヨガスタジオで、私は主にホットヨガにチャレンジしました。高い湿度と温度が保たれた室内は、ただそこにいるだけでも汗が出てくるような空間でした。

私は初心者コースに通っていたのですが、先生も気さくな方ばかりでとても楽しいレッスンでした。たくさん生徒さんがいましたが、正しいポーズができていない時もしっかりとアドバイスをしてもらえたので、モチベーションを保つことができました。

1度レッスンを受けただけで、これまで見たことのないような大量の汗が全身から吹き出してきて、自分でもびっくりしました。レッスンが終わった後にシャワーを浴びて着替えた後も、身体が芯からポカポカしているのが分かりました。

すぐに全身の血流が良くなっているというのを実感できたのです。それまで一切運動などをしていなかったので、余計に感じることができたのかもしれません。

それまでは靴下を履いて寝ていたのですが、ヨガをしてからは靴下を履かなくても足先の冷えを感じずに寝ることができました。

実際に触ってみても、これまでのような氷のような冷たさを感じなくなったのです。これは私にとっては大きな変化でした。

 

へそくりで脱毛

茨城県つくば市在住の主婦です。

金欠な我が家ですが、私はへそくりでこっそり脱毛に通いました。このサイトでつくば市にある安い脱毛サロンをみつけたので、どうにか通えました。

そんな中、生活費に困った経験は今年の2月でした。

原因は水光熱費、特に電気代とガス代でした。 この2つを合わせて30,000円くらいになったのです。

通常は電気代・ガス代合わせて10,000円ほどです。

この度の年末・年始はほとんど自宅にいたせいで、暖房を朝から夜まで1日中使っていました。エアコンは当然丸1日フル稼働、水道は給湯を利用し、風呂もいつもより暖かめにして使っていました。

節約して風邪ひいて医療費がかかるくらいだったら、暖房を使って快適に過ごそうと考えたのです。

この事によって当然、電気代・ガス代に加え水道料金の支払いも増え、水光熱費+通信代で50,000円にもなりました。

さすがに50,000円は想定外でしたね。ちょっと使いすぎてしまったと後々後悔しました。他の月よりも30,000円以上も高くなりましたからね(+o+)

この2月の生活費のピンチを乗り切る方法としてキャッシングを利用しました。

某銀行系カードローンで、1,000円から借りることができ支払いは月々10,000円の内容です。

このカードローンから足らずの30,000円を借り入れしました。こういう時の銀行系カードローンは大変便利です。

銀行はもちろん、コンビニのATMからも引き出しが可能で、月々の支払いも高額ではなく、利率も消費者金融系のカードローンより低いです。なので凄い助かります。

ただし、あまりカードローンのお世話になると残高が増えて借金地獄へ入ってしまうため慎重に利用する必要があります。

今回のように、よっぽど生活が苦しいとき以外は利用しないようにしないと危険ですね。いつでも借りれると思ってしまったら、ついつい利用してしまいますからね。。。

来年の2月は、今年と同じようにならないよう気を付けなければいけませんね。でも、寒いからついつい甘えてしまうんですよね(*_*)困ったもんです。

ハワイに10泊11日

私は約6年前、旅行でハワイに10泊11日してきました。

それまで行ったことがなかったので、旅行会社の方に勧められた場所を中心に回ることにしてました。
行ったのは、ハワイ島とホノルルです。半分ずつ宿泊したのですが、個人的にはハワイ島はとても自然豊かで、ハワイに来た!という実感を得ました。
私たちが行った観光スポットは、キラウエア火山、マウナケア山、ハワイ火山国立公園、フラダディコナコーヒー園など他にもその日限りのツアーでも名所に回りました。また宿泊先はシェラトン・コナ・リゾートでした。

後悔した点は一点だけで、マウナケア山の山頂にある絶景な夕日を見に行った時のことですが、あがるまでは気温も高く、真夏日のような暑さで、半袖短パンで行ったこと。
これは結構致命的で、山頂に近づくにつれて冬のような天候でとても寒く、夏使用の格好ではとても耐えられない気温でした。ガイドさんがダウンジャケットを複数持参してくれてたおかげで、難を逃れましたが、もしここに行く方はいくら暑くても上着やコートの持参をおススメします。
ただし、その絶景はものすごい素敵なもので、景色を見て感動し泣いたのはこの時が人生で初めてでした。

また後悔している出来事のもう一つは、ホノルルでのことです。
当日までは、潜水ツアーを予定しており、専用の潜水用の服とメットを着用して潜り、魚を間近で見たり、海の中を散歩するというものでした。
私はあまり泳ぎが得意ではなくて、また水が怖いこともあって、直前になって不安になってきてしまい、ハワイから日本の旅行会社に電話して、プランを変更してもらいました。そして結局潜水艦での海底散歩に変えたのですが、今となっては体験しておけば良かったなと思います。

他に思うことは、ハワイ島では日本語がそれほど通じないという点です。現地の人が多く、飛び交うのは英語。私は中学生レベルの英語しか話せないので、ほぼジェスチャーで伝えるという状態で、食事の際のオーダーなどとても不便に感じました。英語が不得意な方は電子辞書など活用した方がいいと思います。ホノルルでは結構日本語が通じたので、そちらは安心しました。